Cosmic corridor DRAGON FOREST龍杜廊

私たちの奥には、潜んでいて まだ引き出されていない本質があります。
これは魂の目的と才能と共に、現実を生きぬく実力のことです。
魂の意識を開き、身の丈に収まっていた今までの自分の全てを活かし
更に魂の叡智までも使うことで発揮される本当の実力なのです。

マスターとしての役割を持っている方に
これからの地球での新たな在り方の中で
天命に生きる実力を発揮していただくための法則を、実践と共に伝えています。

魂の目的を知り、魂まで統括した意識で在ることで
比較から抜け出し、限定を解き、奪い合わずに
それぞれの個の命が、新しい価値観に輝きだすのです。

■ 魂レベルの意識の現象化とは・・・

それは、様々なマスターが本来のマスターの役割に生きるために
高い意識と豊かさを持ったポジションに立ち
思い切り命の仕事をして喜びを体現し、結果へと導くことです。

 

魂レベルまで高めた意識は、三次元のヒエラルキー法則、共依存、限定、
競争、獲得等の自我中心の世界を掌握できるポジションにあります。
そこに立つということは、自分の自我を含めて見渡せる場所となります。

 

反対に、現実に起こる全ての事に知識とパワーのみで戦う場所は、
力の引き合いになります。

 

魂レベルの意識で全体を掌握する位置に立つことです。

魂レベルの意識から発動される

直観や察知能力、そして回避や防御も含め潜在能力を自ら起こすことです。

実践していく意識のポジションはとても大切です。

 

本来持つ生命のエネルギーを使える、意識レベルということになります。
その位置に立つことは、本来の自分の仕事で
唯一無二の魂の目的を体現すことになるのです。

■ Dragon Forest 龍杜廊とは・・・

龍という名の由来・・昔から龍が好きで、意識の中で遊んでいたものです。
20才を過ぎて、スピリチュアリズムを学びはじめ、
龍という存在を意識化し、改めてアクセスし、交流をしてきました。

 

出会い、学び、研究の四十年を通し、
我々の意識の世界が実はリアルを創り、
理解を進めることで現象化できることに至りました。

 

スピリチュアリズムを法則から現象化へと、講義や個人セッション等で伝えると同時に、
龍というエネルギー体も、多くのクライアントに降ろしてきました。

 

始めたころに、龍に対してすでに感じ取っている方が多かったことにも驚きました。
龍のエネルギーは、日本の新たな意識のレイヤーを創り始めています。

 

大きな地球レベルでの変換を期に、スピリチュアリズムを新たに
「三次元意識の法則」に降ろし、魂レベルの意識と肉体で生きる現実とを結ぶ
橋渡しの場として、宇宙回廊という意味のCosmic Corridor ・龍杜廊としました。

 

今まで現実には使えてこなかった高い意識体を実践するために、
龍というエネルギーを開いています。

ページ
トップ